京つう

  グルメ・スイーツ・お酒  |  東山区

新規登録ログインヘルプ


QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人
プロフィール
隠れシマー
隠れシマー
沖縄との関わり合いもそろそろ20年。
子供達も手が離れ出してきたので、
元気でもう一発沖縄で活躍出来るうち
にと、少しづつ少しづつ誰にも気づかれ
ないように京都から沖縄へ生活を戻し
ている途中。カウントダウン開始。
オーナーへメッセージ

2008年10月28日

後悔

僕の高校3年間の野球生活を一言で表わすとしたら
それは「後悔」です。

こんな言葉で卒部する26人の同級生たちの最後に
キャプテンである長男が挨拶を始めました。

夏の京都予選の決勝戦を見ていて、試合終了のサ
イレンがなったとき、涙があふれたと・・・

それまで、お世話になった周囲の方々からも後悔の
ない3年間を送るための様々な指導していただいて
いた事は本人もわかっていたはず・・・

ただ、具体的に自分がどうあるべきなのかを理解し
て自分自身の行動にすることは長男にとって大変
難しいことだったのでしょうね。

そんなキャプテンにチームを任せた部員たちは本当
に迷惑な話で、償いはこれからしなければなりませ
ん。

本人も話していましたが、幸いにも来年からも大学
でまた野球を、させてもらえるチャンスが頂けたわけ
ですから、本当にリーグを代表する選手になって、
もう野球を卒業する大半のチームメートに、あれが
自分たちのチームのキャプテンだった奴と認めても
らうしかない。

あの時いい加減にしていたのも、あの時さぼったの
も、あの時野球以外のことに気を取られていたのも
全部自分自身。

大きな責務を背負ってしまったのも、自分自身の責
任ですね。

父親として言ってやれることは、申し訳ないという気
持ちを忘れず、前を向いてやり切れということ。

後悔なんてまだ早いよ。

親父はいまだに、後悔ばっかりしているよ。

沢山のチームメートがこれで引退すること、ご両親に
今までの感謝をスピーチしていたけれど、お前がそ
れを口にしなかったのは、自分はまだ引退しないよ
ということだろう。

もっともっと後悔して、挫折して、泣いて。こんなちん
けな親父なんか踏みつけて、強く、たくましく、生命
力の強い男になってください。

「お父さん、お母さんありがとうございました」なんて
まだまだ聞きたくない。俺が死ぬ時にでも言ってくれ
たらそれでいいよ。


今日はたぶん読むことのない息子へのメッセージを
書きました。

現役球児、お父さんお母さん頑張れ!
たんやはそんな皆さんを応援しています。





日曜日、ご予約いただいていたのに、お帰りまでに
間に合わなかったお客様、ブログやホームページを
見て、「店主に会いたかった」とお越しくださったお客
様、大変申し訳ありませんでした。
これに懲りずまたお越しください。営業時間にいない
ことは今後ありませんので・・・有難うございました。

http://www.tanya-kyoto.com


Posted by 隠れシマー at 18:27│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。